【ユニクロブラトップ】アンダーゴムを実際に切ってみた私のリアルな感想

ユニクロのブラトップがきつい!実際にゴムの部分を切ってみた感想 お役立ち情報
スポンサーリンク

「ユニクロのブラトップがきつい!」実際にアンダーゴムを切って着用してみた私のリアルな感想をお届けします。

こんにちは!もう10年以上前からユニクロのブラトップを愛用している、40代主婦の「はないろ」と申します。

突然ですが、少し前に私はユニクロのブラトップのゴム部分をハサミで切りました。

愛用している物をハサミで切るなんて、けっこう勇気がいったのですが・・・切らなければならない事情があったんです(苦笑)

この記事にたどり着いたかたは、きっと私と同じ悩みを抱えていたのではないでしょうか。
その悩みとは、ずばり「ユニクロのブラトップのゴムのところがきつい!」「なんか息苦しい!」って事(笑)

まさに私はそれに悩んでブラトップにハサミを入れました!

一度切ってしまったらもう後戻りできないので、切る前には私もいろいろ調べたりして悩みました。一枚2000円もするのに、使えなくなってしまったら悲しいですよね(泣)

というわけで、本記事では私が実際にユニクロのブラトップを切ってみた感想などを、リアルにレビューしたいと思います。

私と同じように

「ユニクロのブラトップのアンダーゴムを切ってみようかな・・・」
「ブラトップのゴムってどこを切ればいいの?」

とお悩みの方の参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

【ユニクロブラトップ】私がゴム部分を切った理由

ちょっと前までの私は、「下着はユニクロのブラトップ一択!」という生活をしていました。

寒いときはヒートテック素材、暑い時はエアリズム。1年中お世話になっていたので、もはやユニクロのブラトップは私にとって「日常生活になくてはならない物」「生活必需品」っていう感じの物と化していました(笑)

そんなヘビーユーザーだった私なのですが、40代半ばになって、急にユニクロのブラトップを着用していると「きつい!息苦しい!」と感じるようになってしまったんです(泣)

・急に太ったということもありません(私は10年ほど体重は変わっていません)。
・ずっとMサイズを愛用していたのでサイズをLにしてみたのですが、私の場合はサイズアップしても「息苦しい」感じは変わりませんでした。

 

今までは特に何の問題もなかったので寝るときも着用していたのに・・・・加齢によるものなのか何なのかわかりませんが、とにかくユニクロのブラトップを着用していると苦しい感じがするんですよね。

その当時、我が家には「エアリズム3枚、ヒートテック3枚」合計6枚もブラトップがありました。いくら苦しいからといって、これを全部捨ててしまうのはもったいない(1枚2000円もするのに!)。

それに、下着といえばブラトップしかない状態だったので、捨ててしまったら明日から着るものがなくなってしまいます。

というわけで、ネットでいろいろ調べて見た結果、私は今持っているユニクロのブラトップのアンダーゴムの部分にハサミを入れてみることにしたんです。

これ、けっこう勇気がいりましたよ(笑)

次の章からは、「ゴムの部分ってどんな風になってるの?」とか「どこをどんな風に切ったのか?」ということについて解説していきたいと思います。

【ユニクロブラトップ】アンダーゴムの部分はこうなっています

ユニクロブラトップの裏側って見たことありますか?

私は「苦しい」と思うようになるまでは、あまりじっくり見たことはありませんでした(笑)

裏のゴム部分はこのような感じになっています。

ユニクロブラトップアンダーゴム部分の幅を計っているところ

写真のブラトップはMサイズの物なのですが、アンダーゴムの部分の幅を計ってみると約30センチでした。2倍にすると約60センチ。

ネットでしらべてみたところ、日本人女性のアンダーバストの平均は70センチらしいので、アンダー部分が60センチってけっこう細身だといういことがわかります。

もちろんゴムなので伸びますが、でもやっぱり40代の私からしたら「60センチだったらきついはずよね」って納得してしまいました。

【ユニクロブラトップ】アンダーゴム部分の切り方

ネットで調べて見ると、アンダーゴム部分を切っている方もけっこういらっしゃいました。

私は最初、ある方のブログを参考に「両脇と前の部分をガッツリ」切ってみました。
ユニクロブラトップのゴム部分をがっつり切ってみた写真
でも、これはハッキリ言って失敗でした(泣)

そのブログには、上の写真のようにけっこう深い切り込みを4箇所くらい入れて、更にほつれてこないように本当は切った部分の周りを縫うみたいなのですが、縫う前に着てみたら、ゆるゆるしすぎて気持ち悪いし(くすぐったい)、服の上からでも形がおかしくなっているのがわかるくらいだったので、「失敗したー(泣)」ってなって捨てる羽目になってしまいました。

 

次に、また別のブログを読んでみました。

をの方のブログでは「ブラトップのアンダーゴムの部分だけを切ればきつくなくなるよ」というようなことが書いてありました。

というわけで、このブログを参考にして「ゴム部分だけ」を何カ所か切ってみたのですが、実際に着てみると「ゴム部分だけ」切ったのではサイズは広がらないので、息苦しさも変わりません(苦笑)

実際には「ゴム部分」だけではなくて、「ゴムの一番上まで(布の所まで)」切らないと緩くはならないんです。

この部分です▼ ▼
ユニクロブラトップのアンダーゴムの切り方

参考にしたブログは、実際に切った写真が載っていたわけではなかったので(苦笑)。やっぱり自分でやってみないとわからないこともあるな~という感じでした。

というわけで、実際に私が切ってみたブラトップがこちら
ユニクロブラトップのアンダーゴムを切ってみた写真
こんな感じの切り込みを、背中側も合わせて5~6カ所入れました。

切ったブラトップを実際に着用してみた感想(レビュー)

ユニクロブラトップとハサミの写真
この章では、アンダーゴム部分に5~6カ所切り込みを入れたブラトップを実際に着てみた感想をお伝えしていきたいと思います。

まず、一番の問題だった「きつい、息苦しい」というところですが、その問題は切り込みをいれることによって大幅に改善されました!

服を着てみてもそれほど違和感もなく、ほぼ今まで通りという感じなので(上にTシャツ一枚!みたいな薄着の季節だと、切ってあるのがわかってしまうような気もします)、最初は「これなら使えそう!」って思って何日か使ってみました(2枚切ってみて着まわしました)。

ただ、この「ゴム部分を切ったブラトップ」なのですが、私の場合は何日か使ううちに、別の問題が出てきたんです・・・。

それは肌の「痒み」。

切った部分が肌にあたるとちょっと痒い感じがしていたのですが、最初は「ちょっとくすぐったいかも」というレベルだったのに、数日着ていたら「けっこうかゆい!」という感じになってきてしまいました。

肌が乾燥する冬だったというのもあると思いますし、私の年齢や体質によるものなのかもしれません(泣)

ちなみに、数回の洗濯では(ネットに入れて普通に洗濯していました)、それほどほつれもありませんでしたよ(何回も洗濯すればほつれてくるような気もしますが)。

というわけで、実際に着てみたリアルな感想としてはこんな感じです。

・アンダーゴム部分を切れば苦しさは軽減された
・見た目もあまり変わらないが、薄着の季節にはおすすめではない
・(私の場合は)切った部分が肌にあたって痒くなってしまった
・切っても数回の洗濯なら問題なかった
・切って使えるのは時間稼ぎ的な感じで、根本的な解決にはならなかった

ユニクロブラトップのアンダーゴムを切った後日談

残念ながら、上の章を読んで頂くとわかるように、息苦しいからと言って「ゴムを切ればOK!何も問題なく、今まで通り普通に使えたよ」という結果にはならなかったというのが私の正直な感想です。

長年愛用してきたユニクロのブラトップですが、結局、私の場合は40代半ばにして「下着の総入れ替え」をすることで、「ユニクロのブラトップを着ていてきつい!息苦しい!」という問題の根本的な解決をすることになりました。

ユニクロのブラトップを着ていて「きつい!苦しい!」と感じていた私が、その問題をスッキリ解決させた記事は別に書きました。ちょっと内容が重複する部分もありますが、よかったら合わせて読んでみて下さいね
▶【ユニクロ】ブラトップのゴムがきつい!苦しい!私の解決方法を紹介します。

 

私がユニクロブラトップの代わりに選んだのは、アンダーゴム部分がフリーになっている(ゴムがない)、天然素材のブラトップです。

これが今の私にはピッタリでした。

楽天などで探してみると、アンダーフリーになっているブラトップというのもけっこういろいろ売っていました。探すときは楽天のブラトップランキングなどを見るといろんなブラトップが出てきますので、ご自身にぴったり合った物が探しやすいですよ。
▶▶綿素材のブラトップ 売れ筋ランキング【楽天】

まとめ

いかがでしたか?

今回は「ユニクロのブラトップ」のアンダーゴム部分を、「実際に切って着用してみたリアルな感想」をお伝えさせて頂きました。

今や「ユニクロのブラトップ」と言えば多くの人が使っている人気商品になりますが、どんなに人気だと言っても万人に合うというものではありません。

また、体調や年齢によって急に「きつい!息苦しい」と感じる場合もあるかと思います。

私は実際に自分で体験してみて、「ユニクロのブラトップのゴムを切る」という方法は、「きつい!息苦しい」と感じた時の応急処置的な方法としてはアリだと思っています。

ただ、あくまで「応急処置」なので、これを機会に「本当に今の自分に合った下着」というものを選んでみると心機一転!気分がスッキリすると思いますよ(笑)

「きつい!息苦しい!」と感じるのは「自分に合わなくなった」という証拠です。

アンダーゴムを切って応急処置でしのぎつつ、その間に「今の自分に本当にあった下着」を選んでみて下さいね!

この記事が少しでも「ユニクロブラトップのゴムを切りたい!」と思っている方の参考になれば幸いです。

▶▶綿素材のブラトップ 売れ筋ランキング【楽天】

コメント

タイトルとURLをコピーしました