万博記念公園って飲食の持ち込みできるの? お弁当やお酒など持ち込みできるのかお答えします!

万博記念公園って飲食の持ち込みできるの? お役立ち情報
スポンサーリンク

万博記念公園って飲食の持ち込みできるの?

こんにちは!
万博公園と同じ市内に住んでいる「はないろ」と申します。

今回は、しょっちゅう万博公園に遊びに行っている私が

「万博記念公園って飲食の持ち込みできるの?」

という疑問にズバッとお答えします!

スポンサーリンク

万博記念公園って飲食の持ち込みできるの?

万博記念公園の太陽の塔の背中側
ズバリ、大阪にある万博記念公園は、お弁当などの飲食物の持ち込みはOKです!

私も、万博公園に行く時はいつもお弁当やらパンやらお菓子やら、たくさん持ち込んでいるので大丈夫ですよ♪

もちろん入り口でバッグの中身をチェックされるなんてこともありませんので、安心してお弁当などを持参して楽しんで下さいね(^^)

万博公園については、別に記事にもまとめましたのでよかったらこちらも参考にしてみてください

▶万博公園でお弁当!万博記念公園駅付近でお弁当が買えるお店をご紹介します

▶万博公園で弁当を食べたい!おすすめの場所を写真付きで紹介します

ちなみに、万博公園は毎週水曜日は休園日です!お気を付けください。

 

万博記念公園って、アルコール類の持ち込みはできる?

飲食の持ち込みはOKなのですが、アルコールについてはどうでしょうか。

調べてみたところ、万博記念公園のご利用案内にはアルコール類の持ち込みについての記載はありませんでした。

ということで、近所のママ友数人に聞いてみたところ、「え~!そんなの全然大丈夫でしょ。この前うちもワインとかビール持っていったよ」って言っていました(我が家がお酒を飲まないので・・・)。

例えば、緊急事態宣言中などでアルコールの提供などに規制がかかっている場合には「禁止」などになる場合もあるのかもしれませんが、それ以外の場合、園内の売店などでもアルコール類は販売されていますし、入園時に荷物チェックなどもされないので、地元民的には「万博公園にアルコール類を持ち込んでも問題ない」という認識です。

 

とはいえ、万博公園では各施設やイベントによって禁止事項を個別に設けている場合もありますので、持ち込む際にはホームページなどで事前に確認することをおすすめします。

↓例えばこちら
万博公園内の東側にある「b-base」というバーベキューエリアは、アルコールを含め「ドリンクの持ち込み禁止」です。

ドリンクは売店で購入しないといけないみたいなのでご注意下さい。
詳しくはHPをご覧くださいね▶b-base

ちなみに、公園西側にある「LIVING PARK リビングパーク」というエリアでもバーベキューが可能なのですが、こちらは飲食物を持ち込むことも可能なエリアになっていますよ。
万博記念公園内にあるリビングパーク

持ち込みも可ではありますが、アルコール類を売っている売店もすぐ近くにあります。
万博公園のリビングパークにあるカフェ
こちらも詳しくはHPをご覧くださいね▶LIVING PARK

万博記念公園内でアルコールが販売されているお店

私が調べた限りの情報ではありますが、万博公園内でアルコール類が販売されているお店はこちら。

万博記念公園内でアルコール類が販売されているお店
・NUGGET NUGGET
(高級キチンナゲットのお店。場所は公園の中央エリアにあるお祭り広場の横)

・カフェ「WEST」
(公園の西側。LIVING PARKの横。3時間飲み放題のオーダーもできます。中央口からはけっこう距離があるので注意!)

・b-baseの売店
(公園の東側にあるバーベキューエリアにある売店。単品なら一般の来園者でも購入可能です)

詳しくは万博公園のHPを見てみてください。

なお、アルコール可とは言え園内でお酒を飲んでどんちゃん騒ぎをするような行為は迷惑になりますのでやめましょうね(^_^;)

万博記念公園でのバーベキューについて

バーベキューについては先ほどもちょっと触れましたが追記しておきます。

万博記念公園では、所定のバーベキューエリア以外でのバーベキュー行為は禁止されています。
バーベキューのための道具(コンロ、薪、炭等)の持ち込みも禁止なのでご注意くださいね。

万博公園のバーベキューエリアは東側「b-base」と、西側の「LIVING PARK リビングパーク」の2箇所になります。

▼ここです
万博記念公園内でバーベキューができるエリアの地図

b-base

「b-base」は以前からある万博公園のバーベキューエリアがリニューアルされたエリアで、各テーブルにコンロが設置されているバーベキューエリアになります。

先ほども書きましたが「ドリンク持ち込み禁止」のエリアなのでご注意ください。
食材の持ち込みについては、できるエリアとできないエリアがあるようです。

LIVING PARK(リビングパーク)

一方、公園西側にある「LIVING PARK リビングパーク」は最近新設されたエリアです。

「芝生の中のリビングルーム」という感じで、大きなソファが設置してあるお部屋?みたいなスペースがいくつか用意されているので、「その場所を借りる」というイメージです。

▼こんな感じです
万博記念公園内にあるリビングパーク
バーベキューもできるのですが、コンロはエリアのカフェの所にしかないので、そこで焼いて自分のスペースまで運ぶという感じになります。

右側がコンロがあるエリアで、左側が注文スペースになっています。
万博公園のリビングパークにあるカフェ

ちなみに、私が写真を撮った2022年6月現在はコンロは数台ありましたよ。ゴミも捨てられますしすごく手軽にバーベキューができていいですよね♪

▼ちなみにこの時のメニューはこんな感じ。映っていませんがフライドポテトやドーナツなどもありましたよ。
リビングパークにあるカフェのメニュー

「ガッツリバーベキューやりたい!」という人向けではないですが、おしゃれに手軽に楽しむぶんには十分かなって感じがしました。

 

リビングパークは「一区画を借りる」という感じなので、もちろんバーベキューをしないといけないという訳ではありません。

持参したお弁当などをその場所で食べてもいいですし、すぐ隣にあるカフェ「WEST」ではアルコールの飲み放題2200円(3時間)というのもオーダーできるみたいですよ。

「焼くのはめんどくさいけどお肉を食べたい!」という方には、スタッフが全て焼いて持ってきてくれるという「バーベキュープレート」というものあるみたいです。

 

一つ注意点としては、リビングパークがある公園西側は、太陽の塔のある中央口からはかなり距離があります。地図で見ると近いような感じもするかもしれませんが、お酒を飲んだあとに歩く距離にしてはかなり遠いのでご注意くださいね(普通の大人が歩いても15分くらいはかかると思います)。

リビングパークに行くなら公園の西口(「おゆば」という日帰り温泉がある側)からのほうが近いですよ。
万博公園の西口

飲食物と一緒に持っていったほうがいい物

最後に、子供と一緒にお弁当を持ってしょっちゅう万博公園に行っている私が、「万博公園に行くならこれは持っていったほうがいいよ!」と思うものを書いておきますので参考にしてみてくださいね。

・レジャーシート(これがあればどこでもピクニックできちゃいます!)
・除菌シート(お手ふき用)
・ゴミ袋(最近はお弁当を買っても袋が有料なので、ビニール袋を持参すると便利)
・お茶(暑い日は売り切れ続出なので、持参するのがおすすめです)
・ポップアップテント(荷物になるのでケースバイケースです)

 

▼ポップアップテントというのはこういうやつです。

荷物を置いたり着替えたりもできるので、全部閉まるフルクローズタイプがおすすめですよ。

万博公園は木がたくさん植わっているので、レジャーシートを敷けるような木陰もたくさんあります。

とはいえ、場所によっては「日陰がない」という場合もあるので、ポップアップテントがあると便利なんです。
(荷物になるので時と場合によりますけどね(^_^;)。子供の着替えなどには重宝しますよ!)

テントについてはこちらの記事も参考にしてみてくださいね
万博公園はテント持ち込みできる?ピクニックテントは使っていいの?

 

おわりに

万博記念公園の太陽の塔
今回は「万博記念公園って飲食物の持ち込みできるの?」ということについて、万博公園と同じ市内に住んでいる私がお答えさせていただきました。

大阪にある万博記念公園には、お弁当などの飲食物は持ち込んで大丈夫です(^^)
ただ、コロナの影響や、エリアによっては持ち込み禁止の区域もあるので、事前にHPなどをチェックして行く事をおすすめします。

万博公園は自然溢れる素敵な公園です。ぜひお弁当などを持参してピクニックを楽しんでくださいね!

▼万博公園については他の記事にも書いていますので、こちらも参考にしていただければと思います。

万博公園でお弁当!万博記念公園駅付近でお弁当が買えるお店をご紹介します

万博公園でお弁当を食べたい!おすすめの場所を写真付きで紹介します

コメント

タイトルとURLをコピーしました